「ほっ」と。キャンペーン

本と映画と政治の批評
by thessalonike
カテゴリ
INDEX
『ダ・ヴィンチ・コード』 (7)
『アフターダーク』 (8)
『グッドラック』 (5)
『いま、会いにゆきます』 (5)
『ハウルの動く城』 (8)
『ブラザーフッド』 (6)
『シルミド』 (5)
『スキャンダル』 (4)
『グッバイ、レーニン!』
『ピアニスト』 (4)
『特別な一日』 (2)
ジュンク堂書店新宿店
丸の内オアゾの丸善本店
ライブドア問題考 (2)
球界再編 ・ 岩隈移籍考(10)
プロ野球関連 (5)
読売巨人軍考 (7)
米大統領選考ほか(5)
テロ ・ イラク戦争 (3)
憲法 ・ 改憲 ・ 平和 (7)
竹島問題・日韓関係 (8)
北朝鮮問題考 (10)
中国の反日デモ (10)
東京裁判 ・ 南京事件 (10)
歴史認識 (7)
靖国問題 (10)
郵政政局 ・ ポスト小泉 (10)
郵政民営化 ・ 総選挙 Ⅰ (15)
郵政民営化 ・ 総選挙 Ⅱ (15)
プロフィール ・ その他

access countベキコ
since 2004.9.1



中国の対日不信 - 72年の「日中共同声明」に対する違約
b0018539_1537105.jpg4月9日に北京市内で起きた反日デモは、若者を中心とした自然発生的なものであると同時に、背後に中国の明確な国家意思があり、それが日本に対してメッセージされたものとして我々は受け止めるべきだろう。「官民一体」は基本的に事実である。無届の集会でありながらデモ隊は警官隊による規制をほとんど受けず、暴徒による日本大使館への投石にも当局が強制排除した様子が見えない。中国のテレビが事件をどのように報道するか不明だが、一部始終は参加者がネットを通じてすぐに情報伝達するだろうし、それによって中国の一般国民は72年の日中国交回復以来の首都での反日デモの事実を知り、またこの動きに対する中央政府の感触を掴むことになるだろう。今後を予想すれば、日本の国連常任理事国入りの動きを睨みながら、8月15日の終戦記念日に向けて、さらに活発に各地で反日行動が盛り上がる展開になるのではないか。



b0018539_15372326.jpg中国での反日デモと言えば、一昨年の11月に陝西省の西安で、日本人留学生が中国を揶揄した寸劇を演じた事件に端を発して、市民を含んだ大規模な抗議行動に発展した経緯がある。同じ時期に、広東省の珠海で日本人観光客が集団買春するという問題があり、中国人の日本人に対する憤懣が爆発したという事情があった。昨年は北京で行われたサッカーのアジア杯で、興奮した観衆が日本公使の車を襲撃するという事件も起きていた。4月9日の反日デモはその延長線上のものであり、今回は日本の国連常任理事国入りと歴史教科書検定の問題が直接の抗議の理由だが、反日感情は民衆の中で鬱積したまま、常にいつ噴火して暴発してもおかしくない状況にある。小泉首相は度重なる抗議を受けながらも靖国神社参拝をやめようとせず、日本国民は右傾化の流れを止めるどころか、右翼政治家への支持と追従をますます強めている。

b0018539_15373452.jpg問題の根底には日本の右傾化があり、日本による過去の侵略があり、中国の日本に対する根本的な不信がある。今の日本のマスコミはそれを言わず、臭いものに蓋をして、時の権力と大衆に阿(おもね)ってお茶を濁している。田中角栄と周恩来による72年の日中共同声明において、日本は中国に対して明確に「過去において日本国が戦争を通じて中国国民に重大な損害を与えたことについての責任を痛感し、深く反省する」と述べている。この共同声明前文にある戦争に対する反省の意思表明と、そして第2項の「日本国政府は、中華人民共和国政府が中国の唯一の合法政府であることを承認する」という「一つの中国」の原則の承認によって日中は国交を回復、そこから日中友好と改革開放の蜜月時代が続いて行くことになる。日中共同声明の文言は中国にとって(日本にとっても)日中関係全体を規定する憲法であり、揺るがせにできない原理原則である。

b0018539_15384960.jpg中国からすれば、小泉首相の靖国神社参拝は二国間の基本法たる日中共同声明を公然と否定し破約する許しがたい暴挙であり、その小泉政権を日本国民の多数が支持するのは、日本国民による中国に対する裏切と欺瞞の行為に他ならない。中国が日本に不信感を抱くのは当然だろう。反日感情の根本には日本不信があり、それは侵略戦争の被害経験と直に結びついている。その本質を正視せずに、中国の愛国主義教育に原因を求めたり、共産党独裁体制に責任を転嫁したり、言論統制下のガス抜きだとか、国内の貧富の格差が背景だとか、皮相的な理由をいくつ探しても仕方がない。中国の反日感情を惹起生成せしめている根本的な原因は日本の政治にあり、これが改善されないかぎり日中関係の回復は絶対にあり得ない。日本国民が三十年前の日中共同声明の趣旨に回帰し、謝罪と反省の態度を取り戻さなければ、中国の日本不信は永久に続く。

b0018539_15374844.jpgNHKドラマ『大地の子』が制作放送され、茶の間を感動に包んだのは、今からわずか十年前の1995年のことだった。戦後50年、村山談話の年である。この頃、「自虐」だの「反日」だのの不快で憂鬱で不潔な政治言語は身辺になく、ネットの中も今と較べれば平穏で清冽そのものの世界だった。これほど多くの日本人が右翼のプロパガンダを自分の言葉として平然と発信するなどとても想像もできなかったことであり、それに対抗する正常な言論が一気に消失してしまうなどとは考えもしなかった。時代の移り変わりの早さに驚き、唖然とする。きっと1940年の日本人は十年前の1930年の頃が信じられない時代になっていただろうし、さらに1950年には1940年の時代は信じられない世界になっていた。石原慎太郎や安倍晋三や小林よしのりは中国や韓国と戦争してもよいと考えているのであり、右翼を支持している多くの日本人もまた同様なのである。不信の原因を作っているのは中国ではなく日本だ。

b0018539_1539314.jpg

[PR]
by thessalonike | 2005-04-13 23:30 | 中国の反日デモ (10)   INDEX  
<< ファシズムの中の「反日」 - ... Indexに戻る 国連安保理をめぐる韓国の外交戦... >>