本と映画と政治の批評
by thessalonike
カテゴリ
INDEX
『ダ・ヴィンチ・コード』 (7)
『アフターダーク』 (8)
『グッドラック』 (5)
『いま、会いにゆきます』 (5)
『ハウルの動く城』 (8)
『ブラザーフッド』 (6)
『シルミド』 (5)
『スキャンダル』 (4)
『グッバイ、レーニン!』
『ピアニスト』 (4)
『特別な一日』 (2)
ジュンク堂書店新宿店
丸の内オアゾの丸善本店
ライブドア問題考 (2)
球界再編 ・ 岩隈移籍考(10)
プロ野球関連 (5)
読売巨人軍考 (7)
米大統領選考ほか(5)
テロ ・ イラク戦争 (3)
憲法 ・ 改憲 ・ 平和 (7)
竹島問題・日韓関係 (8)
北朝鮮問題考 (10)
中国の反日デモ (10)
東京裁判 ・ 南京事件 (10)
歴史認識 (7)
靖国問題 (10)
郵政政局 ・ ポスト小泉 (10)
郵政民営化 ・ 総選挙 Ⅰ (15)
郵政民営化 ・ 総選挙 Ⅱ (15)
プロフィール ・ その他

access countベキコ
since 2004.9.1



カテゴリ:ライブドア問題考 (2)( 2 )
  INDEX  
堀江貴文がテレビに出続ける理由 - 教祖と信者の構図
b0018539_15135499.jpg堀江貴文の本当の狙いは何なのだろうか。それは彼があのように頻繁にテレビに出演している理由について考えると透けて見えてくるように思われる。堀江貴文が株の買収でフジテレビを資本傘下に入れて、テレビ局のリーチでライブドアポータルへの集客を飛躍的に伸ばし、アクセス数でヤフーを凌ぐポータルベンダーになろうとする戦略は確かに分かりやすい。けれども、もし単にフジテレビの乗っ取り(企業支配)だけが目的ならば、あのように激しく毎日テレビに露出して、そこでペラペラと大衆相手に喋りまくる必要はないはずだ。この点は榊原英資も指摘していたことであり、また北尾吉孝も言っていたことである。株取引やM&Aで飯を食っている者は、人前で唇を動かしてはいけないのであり、新聞や雑誌やテレビの人間に追いかけられてマイクを向けられる立場に立ってはいけないのである。

More
[PR]
by thessalonike | 2005-04-03 23:38 | ライブドア問題考 (2)   INDEX  
乙部綾子の旅立ちの時とライブドア問題の今後の展開   
b0018539_2241558.jpg先週あたりから堀江貴文のメディア露出が少なくなり、代わって広報担当の乙部綾子がテレビ出演のフロントに立つようになった。ライブドアの作戦の変更だが、深読みすると面白いかも知れない。ライブドア社員の年収は平均で400万円程度だと言われている。若い社員が多いせいもあるだろうが、世間一般の大企業と較べてかなり低い相場で賃金が抑えられている印象は否めない。その分、ストックオプションで手当しているという噂もある。乙部綾子の単独テレビ出演は、ストックオプションではないにせよ、ここで芸能界に巣立つ機会を与える堀江貴文の「成功報酬」ではないのか。乙部綾子だって仕事は派手に見えるが、株式会社ライブドアの若手社員の一人である以上、その給与体系の例外に立つ者ではあるまい。テレビ局や芸能プロから声がかかれば、一躍億万長者のシンデレラに化けることも可能になる。

More
[PR]
by thessalonike | 2005-04-02 22:39 | ライブドア問題考 (2)   INDEX  
Indexに戻る