本と映画と政治の批評
by thessalonike
カテゴリ
INDEX
『ダ・ヴィンチ・コード』 (7)
『アフターダーク』 (8)
『グッドラック』 (5)
『いま、会いにゆきます』 (5)
『ハウルの動く城』 (8)
『ブラザーフッド』 (6)
『シルミド』 (5)
『スキャンダル』 (4)
『グッバイ、レーニン!』
『ピアニスト』 (4)
『特別な一日』 (2)
ジュンク堂書店新宿店
丸の内オアゾの丸善本店
ライブドア問題考 (2)
球界再編 ・ 岩隈移籍考(10)
プロ野球関連 (5)
読売巨人軍考 (7)
米大統領選考ほか(5)
テロ ・ イラク戦争 (3)
憲法 ・ 改憲 ・ 平和 (7)
竹島問題・日韓関係 (8)
北朝鮮問題考 (10)
中国の反日デモ (10)
東京裁判 ・ 南京事件 (10)
歴史認識 (7)
靖国問題 (10)
郵政政局 ・ ポスト小泉 (10)
郵政民営化 ・ 総選挙 Ⅰ (15)
郵政民営化 ・ 総選挙 Ⅱ (15)
プロフィール ・ その他

access countベキコ
since 2004.9.1



カテゴリ:プロフィール ・ その他( 8 )
  INDEX  
報告と御礼 - 学研「最新人気ブログランキング200」に載りました
b0018539_12262933.jpg昨日発売になった学研『最新人気ブログランキング200』を確認すると、「世に倦む日日」は「ジャーナリズム・評論・専門分野」の中で第3位に位置づけられて紹介されていた。意外な高順位の評価に驚いたが、私からすれば、この事実はムックの編集者や選考者の知性の確実さを証明するものでもある。当ブログをご推薦を下さった関係者の皆様にあらためて御礼申し上げると同時に、平素よりご愛顧を賜っている読者の皆様にこの場を借りて深く深く感謝を申し上げたい。選考が客観的に適正なものだったということは、ランクされている200のブログがそれなりに中身と価値を持っていることをも意味するだろう。本は書店のかなり目立つ売り場に並べられている。これからブログでの情報発信を企画されている方は、ムックを手に取って参考にされることをお勧めしたい。これから間違いなくブログは普及拡大する。文化としてビジネスとして多様な形態で発展を遂げるだろう。日本におけるブログ文化の発展に多少とも貢献できれば幸いと心得る。

More
[PR]
by thessalonike | 2005-09-22 23:30 | プロフィール ・ その他   INDEX  
Whole Lotta TrackBack - 胸いっぱいのトラックバックを
b0018539_12204712.jpg今日は投票日。とくらさんの胸を苦しくさせる話ばかりでもいけないので(笑)、本日はグッドニュースから。あるベンダーからメールが入って、学研の『最新ブログ人気ランキング200』というムックに当ブログを紹介するから原稿の協力をという依頼があった。連絡をもらったのは8月末で、本の発売日は9月16日。実際に掲載が確認されてから皆様にご報告をと考えていたけれど、検索で調べるとネットの中では同じ立場のブロガーたちがリークをしている。もし本当に掲載になれば、これは平素からの読者の皆様のご支援の賜物と言う以外なく、この場をお借りして深く深く感謝を申し上げたい。連絡によれば、「世に倦む日日」は、「ジャーナリズム、評論、専門分野のカテゴリーでランキング上位に入っております」とのことだった。当ブログを推薦してくれた関係者の方々にも御礼を申し上げたい。今回の選挙が悪い結果ばかりには終わらなかったという話にしたい。

More
[PR]
by thessalonike | 2005-09-11 23:30 | プロフィール ・ その他   INDEX  
世に棲む日日
b0018539_15282454.jpgブログ名の「世に倦む日日」は、司馬遼太郎先生の有名な歴史小説の題名から頂戴したものである。「棲」と「倦」の字形が似ていて、これは長年懐で温めてきたところの、誰にも先を越されたくない - 我ながら絶妙の - コピーアイディアであり、HPかBlogの標題を新規に掲げるときは必ずこれにしようと心に決めていた。小説をまだお読みになられていない方がおられれば、この機会にぜひご一読されたい。小説は二人の革命家の物語である。一人は29歳で死に、もう一人は27歳で死んだ。二人がいなければ明治維新はなかったと思うが、二人とも維新の日を見ることなく非業に斃れた。27歳と29歳である。日本史の教科書に名前が載って、後からの業績めいたものが簡単に付言されて歴史の偉人になってしまうと、その人物のリアリティが見えなくなる。渋谷の街を歩いている同じ年頃の男の子たちを思って欲しい。特に松陰は日本思想史の巨星であり、学問研究され続けるテキストであり、松蔭神社の神様であり、その若さが実感されることがあまりない。

More
[PR]
by thessalonike | 2005-08-27 23:56 | プロフィール ・ その他   INDEX  
サザンの新曲と衝撃のレゲエダンス - 夏を弾みに時代を前へ
b0018539_14393011.jpg巨人戦が面白くないのでチャンネルを変えてテレビ朝日の歌番組を見ていたら、サザンオールスターズが出演して新曲『BOHBO No.5』を披露していた(29日)。ご覧になられて衝撃を受けた方も多いと思うが、前景に配されたダンスが圧巻で、曲の間は釘づけにされ、見終わっても暫く放心状態が続いてしまった。素晴らしいと言うにはあまりにショッキングで、ショッキングとだけ言ってしまうと感動を素直に告白できない。サザンオールスターズは常に挑戦的で、時代の常識を破壊してくる。番組の性格や時間帯を考えれば、あのレゲエダンスは放送コードをバイオレートするポルノだ。中学生以下の子供が一緒に見ている茶の間にストレートに出すべき映像ではない。だが、見終わって思ったことは、あれを見た父親も母親も、そして子供も、レゲエを踊る女たちの動きに心を奪われ、サザンの強烈なメッセージに折伏され、それを否定する言葉を見つけられないまま納得了解させられたということだろう。

More
[PR]
by thessalonike | 2005-07-31 23:30 | プロフィール ・ その他   INDEX  
Blog Status Report July 05 - 滝鼻オーナーに暑中御見舞
b0018539_1224571.jpg7月も終わり。この週末を過ぎると世の中は完全に夏休みに入る。慰霊と終戦回顧の季節を迎える。今年は靖国参拝に郵政国会の政局が加わって波乱の予感が漂っている。政界と報道の人間はとても夏休み気分ではないだろう。六カ国協議が終われば、この国の近隣の人々の目は小泉首相の動向に一斉に注目する。落ち着かない気分の夏である。来週も引き続き郵政国会の政治をトラックして行くが、永田町の動きを一瞥した限りでは、解散になっても動じない構えを見せているのは公明党だけで、他の政党は自民党も含めて全員が腰が引けている。無駄な出費が嫌なのだろう。ポスターを刷ったり貼ったり、集会の手配をしたり、運動員を雇ったりのカネを使うのが面倒なのだ。解散がなければ出費はしなくて済む。小泉首相と党執行部の戦略は、衆院議員の選挙回避のマインドをマキシマムにして、それを参院反対派議員への圧力にすることだが、果たして成功するだろうか。

More
[PR]
by thessalonike | 2005-07-29 23:04 | プロフィール ・ その他   INDEX  
AMDによるインテル提訴 - 営業妨害の争点と裁判の予想
b0018539_11564177.jpg日本AMD株式会社は6月30日、東京高等裁判所(東京高裁)および東京地方裁判所(東京地裁)に対して、インテル株式会社に対する損害賠償請求を2件提起した。 (略) この訴状には、国内PCメーカーに対して資金提供などを条件にカタログやWebサイトからAMD製プロセッサを搭載したモデルを削除するよう指示したこと、AMDの新製品発表会に参加を予定していた顧客に圧力をかけ参加を辞退させたこと、などの妨害行為があったと記載しているという。 さらに、あるイベントにおいてAMD製CPUを搭載したPCをインテルが全台買い取り、代わりにインテル製CPUを搭載したPCを無償提供したこと、PC雑誌編集者に対して圧力をかけ、雑誌に掲載を予定されていたAMD製CPUに関する記載を削除させたり、性能評価記事の内容などを修正させたともしている。これらの行為の具体的な内容は明らかにされてないが顧問弁護士は「それなりの具体的な事実をつかんでいる」としている。  (6月30日 Enterprise Watch


More
[PR]
by thessalonike | 2005-07-01 23:30 | プロフィール ・ その他   INDEX  
現代版「慶安の御触書」としてのクールビズ - 格差固定の逆作用
b0018539_11554050.jpg梅雨明けの日程を三週間以上前にして、早くも日本列島に真夏の季節が襲来した。今年も暑い。政府のクールビズキャンペーンが始まってから一ヶ月が経ったが、電車の乗客や街を歩くサラリーマンを見ると、政府が囃し立てたようには普及は進捗していないように見える。外回りで事務所と得意先を移動している男たちは、皆、シャツの襟にネクタイを締め、そして上着を身に着けて、片手の携帯電話を玩具のように弄くっている。その姿は例年と変わることなく、クールビズのプロモーションなど何もなかったかのようである。最近、今回のクールビズは現代版「慶安御触書」ではないかと思えて仕方がない。慶安御触書というのは、中学校や高校の歴史教科書にも出てくるから誰でも知っていると思うが、徳川幕府が1649年(慶安2年)に発令した当時の農民の生活を統制するための法令であり、生活の細部にわたって禁止事項や奨励事項を小うるさく書き示している。酒・茶・煙草は飲むなとか、早起きして草を刈れとか、夜は縄をなえとか、米を食わずに雑穀を食えとか、遊び好きな嫁は離縁しろとか、年貢はきちんと納めろとかである。

More
[PR]
by thessalonike | 2005-06-28 23:28 | プロフィール ・ その他   INDEX  
クール・ビズは定着しない - 思想なき官製ビジネスカジュアル
b0018539_16313791.jpg電車に乗るとクロップドパンツとヌーディーなミュール姿の若い女たちが目立つようになった。梅雨の季節の日本の女の定番がこのスタイルなのかも知れない。この服装は身体がスリムであればあるだけ美しく見映えがする。そして梅雨も半ばを過ぎ、気温三十度を超える日が多くなると、ミュールの素足の上が艶かしいキャミソールになり、男たちにとっては否応なく性的欲望を刺激させられる季節になる。さてクールビズのお話だが、率直なところあまり芳しい印象がしない。最もディスアポイントなシーンだったのは、TBS『ニュース23』の筑紫哲也のかりゆしウェアのシャツ姿だった。年寄りがオフの格好をして公衆の面前に出ると本当に爺臭くなってしまう。隣の佐古忠彦がフォーマルなネクタイ姿だけに映像がアンバランスで何とも締りがなくだらしない。筑紫哲也に限らないが、シニアがシニアらしく仕事ができるイメージを演出するためには、どうしてもフォーマルなスタイルの手助けを借りる必要がある。それを崩すとイメージが壊れる。

More
[PR]
by thessalonike | 2005-06-13 23:51 | プロフィール ・ その他   INDEX  
Indexに戻る