人気ブログランキング |
北朝鮮問題考(3) - 経済制裁プロパガンダに倦む師走
b0018539_12342671.jpgこの話を始めるとスパムコメント対策が憂鬱になるが、最近のテレビは北朝鮮への経済制裁をあまりに過剰に煽り過ぎている。特にNHKの報道がひどい。7時のニュースは冒頭から横田夫妻が登場して、放送時間の半分をこの話題で埋めている。横田早紀江のワンマン演説番組だ。こういうのをプロパガンダと言うのではないか。横田夫人も最近では語調がテレビに出る政治家のようになり、「めぐみちゃん」の言葉の響きも以前よりわざとらしく聴こえるようになった。昔の真剣さが感じられず、演出を計算してアジ原稿を読んでいる印象を受ける。要するに世論を経済制裁へと誘導するために自覚的にプロパガンダをやっているのだ。すでに単なる拉致被害者家族ではなく一個の政治活動家なのである。それは別によいとして、プロパガンダを全面支援しているNHKについてだが、どうも海老沢勝二の進退問題とリンクしているように思われてならない。辞任阻止のために必死で政治に媚を売っているのではないか。



b0018539_1235047.jpgあと一件でも不祥事が発覚すれば海老沢会長の辞任は必至の情勢で、だから他のマスコミや総務省からの海老沢バッシングを封じる働きかけを自民党の権力者たちに懇請していて、その代償として報道内容で全面的に彼らの要求を聞き入れてサービスしているのだろう。そう考える以外に最近のNHKの北朝鮮拉致問題プロパガンダは理解できない。思い出せば、去年の師走は自衛隊のイラク派遣があり、その出征宣伝の大本営報道でNHKの7時のニュースが埋めつくされて、不愉快で憂鬱な毎日が続いていた。NHKの人事と予算に政府や国会が介入する季節が12月という事なのだろうか。海老沢勝二の辞任でこのプロパガンダが終止するのなら、あまり粘らないで出処進退を明らかにしてくれた方が視聴者市民としてありがたい。横田夫妻の方も、他人の遺骨が届けられたということは、娘の無事がシグナルされたということなのだから、いま世論を無理に戦争へ導く必要はないと思われるのだが。

b0018539_12352097.jpgなぜ国民世論を強硬論に誘導する必要があるのだろうか。拉致された愛娘の生存がほぼ確実視された現在、無事に帰還を果たす最善の方法は、政府に早く日朝平和友好条約を締結させることではないか。小泉内閣と外務省は任期中の条約締結で段取を組んでいて、小泉首相はその業績で歴史に名を残すことを目論んでいる。米ブッシュ政権も余程のことがないかぎり、日本政府のこの計画を邪魔はしないと思われる。経済制裁の発動で日朝関係を険悪にすれば、一年半内の条約締結の日程が狂う。歴史的な日朝正常化の名誉は政治家ならば誰でも手にしたい奇貨であり、それが得られれば幸運の廻り合せというものだ。日中国交正常化は田中角栄が歴史に名を刻んだ。残っているのは日露平和条約と日朝平和条約の二つである。もし仮に小泉内閣で国交正常化が流れて、次の日本の首相に安倍晋三がなり、そして北で金正日政権がさらに続く場合、横田夫妻の娘の帰還は全く目処が立たなくなってしまう。

b0018539_12353749.jpgそのような考慮を横田夫妻がすることはないのだろうか。本当に拉致被害者が北で殺害されたのであれば、復讐のために戦争を呼びかける心情も理解できるが、人質として囚われている家族を取り戻す方が先であれば、戦術的宥和策に乗る選択の方が道理であるように思われてならない。経済制裁の発動は、基本的には人質の身の安全を危険に曝す行為なのだから。それと、昨夜のテレビ朝日の『報道ステーション』とか、先々週の日本テレビの『バンキシャ』とか、北朝鮮(清津)で撮影された悲惨な映像が放送されている。路上に行き倒れになった人々とか、駅前の広場で僅かな食べ物を奪い合っている浮浪孤児たちとか、凍死から身を守ろうとして暖を取るために線路の上で寝ていて事故に遭い足を切断した浮浪児とか、労働災害で両目の視力を失い、そして二人の息子を餓死で失った高齢の父親とか。見るのも辛くなるような地獄の映像が次から次に放送される。RENKの関係で撮影された映像らしい。

b0018539_12355545.jpgそういう映像を放送しながら食糧援助の凍結を世論に訴えるメディアって一体何なのだろう。そういう心痛む映像を見ながら食料品や医療品の人道支援の停止を支持する国民って何なのだろう。不思議な感じが私はする。きっと東京の空を飛ぶ一羽のハシブトカラスの方が、北朝鮮の浮浪児たちが一日に摂取するよりも高カロリーの食べ物を口に入れているはずなのだ。日本が経済制裁を実行しても北朝鮮の体制には何の動揺も混乱もない。それともう一つ思ったのは、こういう地獄を北朝鮮で続けさせている現実に、韓国政府や韓国民はもっとナイーブになってもよいのではないかということだ。日本政府が食糧援助を凍結するのなら、韓国政府がその分を全て肩代わりしてもよいではないか。北朝鮮の飢餓について、それを自分の責任として引き受ける民族の責任感を持っていいのではないか。餓え苦しむ北朝鮮の人々を救う運動を民団が率先してやってもよいではないか。何でそのような動きが出て来ないのだろう。
b0018539_123695.jpg

by thessalonike | 2004-12-15 23:30 | 北朝鮮問題考 (10)   INDEX  
<< 北朝鮮問題考(4) - 経済制... Indexに戻る ウクライナ情勢と北方領土問題 ... >>