人気ブログランキング |
祝公式戦開幕 - パ連盟を復活させる三人の若き英雄  
b0018539_15424827.jpg岩隈と大輔と和田が揃って投げていい投球を見せた26日の開幕戦。まさにパ連盟のスポーツエンタテインメントの醍醐味を証明した一日。こういう日が一週間に一回でもあれば嬉しい。三人ともよかったし、脇役になったが、清水もミラバルも川越もよかった。公式戦初戦に賭けた必勝の気合。生まれ変わるパ連盟。翌27日の朝日新聞の主役は岩隈久志で、一面と運動面の二面に大きな写真が掲載され、感動的な今季初勝利の大業が祝福されていた。まだわずか23歳。この試合、岩隈は絶対に負けてはならなかったし、また仮に勝ったとしても打ち崩されてはいけなかった。まさに日本海海戦時の連合艦隊と同じ。必勝しかない断崖絶壁の立場。負ければ昨年からの移籍のドラマに泥を塗ってしまう。移籍の正当性の主張を固めるためには完投勝利が必須の条件だった。



b0018539_15431579.jpgベテランも含めて誰もが緊張する開幕戦だが、岩隈久志以上にプレッシャーがかかった人間はいなかっただろう。それをハネのけて完投勝利した強靭で偉大な精神力に感嘆せざるを得ない。当日深夜のスポーツ番組で江川卓が岩隈久志を絶賛し、五回までの岩隈久志の投球で狙いが外れたボールは一球も無く、テレビの画面に釘付けになって見入ったと語っていた。岩隈久志の投球術の秘密は何だろうと思って私も観戦していたが、確かにその一つは江川卓の言うとおりコントロールであるだろう。高めに浮くボールがない。(右投手がよく打たれる)いわゆる右打者にシュート回転して甘く入ってゆくボールがない。だがそれだけではない。岩隈には度胸がある。時々は真ん中にも投げる。後半は疲れて甘い球もある。だが決して逃げない。表情が柔らかいまま変化しないのだ。

b0018539_15433559.jpgペースを崩さず、動揺を表情にあらわさず、集中力を切らさずに淡々と打者との勝負を続けて行く。そこには自分の制球力に対する絶対的な自信がある。球が抜群に速いわけではない。だがコントロールに自信があるから勝負で追い詰められることがない。カウントで常に打者に対して有利な立場に立つ。打者は岩隈に対して四球を選ぶ可能性を考えることができない。打ちにくいコースの球に手を出さざるを得ないという選択と判断しか与えられないのだ。そして確率としてヒットはなかなか出ないという予断がある。岩隈自身が調子を崩して自滅するという事態は想定できない。勝負で勝つ条件を岩隈は他の投手より多く持っているわけだ。その点が大きい。立派すぎる23歳。英雄である。しかもこれ以上ないビジュアルパフォーマンスとルックスバリューを持った若い英雄。

b0018539_15434818.jpg松坂大輔が投げた試合はテレビ朝日が時間を遅らせて放送していたが、これも実に圧巻だった。ストレートで三振の山を築くああいう胸のすく三振ショーは、現在は松坂大輔だけが観客に見せることができるものである。そしてそれが本当に貴重な貴重な歴史的瞬間の一コマであることは、年齢を重ねないとよく了解できない。同じ華麗な三振ショーの映像は次にいつ見れるかわからないのだ。24歳。若いが充実の時期。故障せずにこのまま同じ体調を維持して一年間活躍を続けて欲しい。来週は仙台フルキャスト球場で岩隈久志と松坂大輔の二人が対決する。歴史に残る大一番になるかも知れない。意地がぶつかる。再び岩隈久志は負けられない。岩隈久志にとって負けられない大事な試合が続く。岩隈は今まさに伝説を作っているのだ。伝説の仕上の一番を大輔と戦う。ドラマ。

b0018539_1544367.jpg最後になるが和田毅もよかった。六回まで零安打。完璧に開幕戦に合わせて仕上げていた。さすがに全日本のエース。24歳。岩隈に較べればルックスバリューは少し劣るが、それでも十分に絵になる投手。130キロ台の直球で打者を詰まらせ、振り遅れさせ、空振りで三振を取る絶妙の投球術。それは何度見ても不思議な光景であり、和田の魔術の世界に惹き込まれる。唖然として魅了させられる。なぜ打者は和田を打てないのか。何度も何度も対戦して対策を講じている筈なのに、あの投球にタイミングを狂わされてしまうのか。どういうサイエンスが和田の謎を解けるのか。いつもそれを考えさせられる。三人三様に美しく観客を酔わせる。速球の大輔、制球の岩隈、緩急の和田。往年の鈴木、村田、東尾、山田の頃のパ連盟を彷彿とさせられ、私はとても嬉しい気分になる。
b0018539_15441764.jpg

球界再編考(9) - 岩隈支持、プロテクトは拉致である
球界再編考(10) - Merry Christmas ジャニーズ岩隈
楽天イーグルスの欺瞞 - 歴史的大敗によせて
なぜ巨人は今年も優勝できないのか - 誤算の構図 
by thessalonike | 2005-04-05 23:29 | プロ野球関連 (5)   INDEX  
<< 竹島問題(1) - 日韓関係の... Indexに戻る 楽天イーグルスの欺瞞 - 歴史... >>