カテゴリ:球界再編 ・ 岩隈移籍考(10)( 10 )
  INDEX  
球界再編考(10) - Merry Christmas ジャニーズ岩隈
b0018539_1158593.jpg楽天移籍が決定した岩隈久志に心より勝利の祝福を送りたい。今宵はさぞ嬉しい聖夜だろう。心ない外野席からの誹謗中傷の逆風に耐えてよく頑張った。立派だ。この子は(可愛いのでそう言ってしまうが)若いのに、そして甘いルックスに似合わず、とてもしっかりした精神を持っている。この精神の強靭さこそが、2年連続で15勝の好成績を残した原動力なのだろう。信念があり、タフであり、我慢強い。23歳の若さで、しかもあの抜群のマスクとスタイルを持ちながら、早くから身を固めて、艶福的誘惑より身を隔離している私生活の人格面についても、何やら好感を持てる。一見した印象とは全く異なるサムライの内面を持っているのだろう。岩隈久志の魅力は、何と言ってもあのルックスとスタイルであり、その美しさは見る者を魅了する。星野伸之とか川口和久とか小林繁とか、過去にも絵になる魅力的な投手は多くいたが、岩隈久志を超えるビジュアル・バリューを提供できる者はいないのではないか。釘付けになってしまう。

More
[PR]
by thessalonike | 2004-12-24 23:06 | 球界再編 ・ 岩隈移籍考(10)   INDEX  
球界再編考(9) - 岩隈支持、プロテクトは拉致である
b0018539_1328651.jpg岩隈久志のオリックス残留拒否の意思表明に対して、それをワガママだと非難する声が上がっている。全く本末転倒した議論だ。北朝鮮に拉致された被害者が、日本に帰ろうとして脱出しようとしているのを、それはお前の自分勝手なワガママ行為で、他の拉致された日本人は諦めて共和国定住を決意したのだから、お前も他の連中と同じように観念して北朝鮮に残れと言っているのと同じである。強制的に球団合併を呑まされた元近鉄バファローズのメンバーにとって、身柄をオリックスにプロテクトされる今回の事態は、まさに拉致そのものではないか。北朝鮮による拉致が国家犯罪であるように、オリックスによる近鉄の合併そのものがプロ野球の理念に背反した不当行為なのであり、渡辺恒雄が策した1リーグ制構想実現へ向けての謀略的な一里塚であったのだ。仙台新球団の参入が認められ、2リーグ12球団制の維持が確定した時点で、オリックスと近鉄の合併は実効的に白紙撤回されるべきであった。

More
[PR]
by thessalonike | 2004-12-20 23:23 | 球界再編 ・ 岩隈移籍考(10)   INDEX  
球界再編考(8) - 宮内義彦を球界から追放せよ    
b0018539_13185691.jpg大揺れに揺れた今年のプロ野球だったが、その余波がまだ続いている。余波を受けて憂鬱な年末を迎えている岩隈久志に心から同情を禁じ得ない。オリックスをこそ球界から追放するべきなのだ。オリックスと宮内義彦をプロ野球界から永久に追放し、球団は堀江貴文とライブドアに任せればよいのだ。楽天と争った仙台新球団参入では、傲慢で不遜な姿勢が祟って世論の支持を集められなかった堀江貴文だが、2リーグ12球団の体制を維持した功労者の一人として世間は功績を認めている。もともと堀江貴文は近鉄バファローズの買収を画して動き、一時はライブドア本社の大阪移転さえ検討に入れていた。大阪ドームを本拠にする新バファローズを堀江貴文が引き取っても何の不都合もあるまい。現在の「憎まれっ子」のままの状態で旧ブルーウェイブが大阪にお国入りするよりも、経営も変えてしまった方が地域の野球ファンの心も一新して応援する気分が出るし、プレーする選手もその方がはるかに意欲がわくことだろう。

More
[PR]
by thessalonike | 2004-12-18 23:53 | 球界再編 ・ 岩隈移籍考(10)   INDEX  
球界再編考(7) - 敗者たるを演じられなかった堀江貴文
b0018539_18154395.jpg受け止め方は様々あるだろうが、私には昨夕(11/2)の堀江貴文の仙台でのコメントは最悪だったように思われる。若い人間の本音の丸出しと言えばそれに尽きようが、男は敗者となった時にどう振舞うかで真価が問われる。負け方というものがある。次の機会に復活を果たすためには、そこで好感を持たれる印象を残さなくてはいけない。潔く、爽やかに負けて、勝者の楽天にエールを送る演技をしなければいけない。堀江貴文の昨夜のドタバタ劇は、目を蓋いたくなる不恰好なものであり、あまりに幼稚で未熟な人間性の表出であり、一般の市民の感性からすれば、こんな幼児的な精神の持ち主に大事な公共文化財の保護者の任を与える事は認められない。楽天の三木谷浩史はずるい男だが、ずるくてもまだこちらの方が安心して見ていられる。テレビでの正視に耐えられ、言葉を聞くに耐えられる。

More
[PR]
by thessalonike | 2004-11-03 22:22 | 球界再編 ・ 岩隈移籍考(10)   INDEX  
球界再編考(6) - マスコミの「世論調査発表なし」の政治
b0018539_1528299.jpgNPBは審査小委の報告書を元に2日に実行委員会を開いて一球団に決定、それを同日のオーナー会議で正式了承する運びと言う。この手続が公表された時点で楽天の内定とライブドアの落選が事実上固まったと言える。機構側(渡辺恒雄)の強気が十分に伝わってくる。私は決定はオーナー会議での多数決になるだろうと予想していた。世論への配慮のために、ライブドアにも気遣いした選定方法が演出されるのではないかと考えていたのである。機構側にそこまでの必要はなかった。世論がライブドアを後押ししなかったからであり、堀江貴文への支持が伸びなかったためである。世論の多数は、渡辺恒雄が背後で操る楽天の三木谷浩史に対しては胡散臭く嫌悪しているものの、かと言ってライブドアの堀江貴文を積極的に支持しようという気分にはなれないのだ。堀江貴文の謙虚さのない傲慢な態度が不愉快なのである。

More
[PR]
by thessalonike | 2004-11-01 22:15 | 球界再編 ・ 岩隈移籍考(10)   INDEX  
球界再編考(5) - 仙台「地域密着」球団の裏側
b0018539_1815384.jpg球界参入に名乗りを上げたライブドアの対抗馬として楽天を動かしたのは読売の渡辺恒雄だと言われている。渡辺恒雄の1リーグ制構想に冷水を浴びせたライブドアを潰すためであり、堀江貴文がオーナー会議に参列して球界の運営を掻き回すのを阻止するためである。アダルトサイト問題を突破口にして始まった堀江潰しは着々と効を奏しているようで、今日の記事では早くも堀江の「ギブアップ宣言」が喋々されている。堀江が潰されてもわれわれは特に同情しない。今からでも十分に挽回の手を打つことは可能だと思うが、堀江の器量と甲斐性ではどうやらそれは無理なようである。堀江の失敗は、世論を味方につけようとしなかった事だ。NPBの決定は絶対に世論を無視できない。私が堀江なら、最後まで悪玉である渡辺のマイナスシンボルを利用して、渡辺の悪に対する正義の役割をアピールし、世論の支持を調達し続けた。

More
[PR]
by thessalonike | 2004-10-22 22:23 | 球界再編 ・ 岩隈移籍考(10)   INDEX  
球界再編考(4) - 渡辺恒雄の陰謀工作とライブドアの無策
b0018539_18135730.jpgNBP(日本プロ野球機構)審査小委による二回のヒアリングが行われて、来月2日のオーナー会議で新球団認可の最終決定が下される。あと二週間だが、最高意思決定機関であるオーナー会議の決定は、実際のところどのような形になるのだろうか。機構側の結論は最初から見えていて、ライブドアを落選させて楽天を仲間に引き入れようとしている。それを裏で操っているのは読売の渡辺恒雄で、渡辺恒雄が子飼いでパシリの滝鼻卓雄を使って他球団のオーナーに根回しし、楽天認可へのレールを敷き固めていることは傍から見てもよく分かる。三木谷浩史は渡辺恒雄と旧知昵懇の間柄であり、渡辺恒雄がライブドアの球界入りを阻止するために楽天の三木谷浩史を動かしたのではないかという見方が巷では有力だ。渡辺恒雄も10球団(ダイエー除く)の全ての了解を完全に固めたわけではないだろうし、また仮に楽天に決定するにしても世論を納得させる演出(細工=芝居)が必要になる。

More
[PR]
by thessalonike | 2004-10-21 22:38 | 球界再編 ・ 岩隈移籍考(10)   INDEX  
球界再編考(3) - 堀江貴文のマーケは成功しているのか
b0018539_17544889.jpgソフトバンクの孫正義がホークス球団の買収に名乗りを上げ、いよいよ真打ち登場の大詰めとなり、プロ野球再編問題はさらに興味深い局面を迎えた。18日のTBS『ニュース23』のスタジオに孫正義が生出演して筑紫哲也と話していたが、正直な感想を言えば、先の若い二人とは違ってずいぶん印象がよい。議論が堅実で、頭脳明晰がよく伝わり、安心して話を聞いていられる。有能な経営者の語り口であり、自信と風格が漂っている。年齢差が開くとこうも人間が変わるのかと率直に思う。孫正義は、昔は危なっかしさと怪しさが際立った野心ギラギラの青年実業家だった。確かに若い頃から老成したインタフェースは備えていたが、それ以上に、人に安心を与えない殺気があり、表情や口調に妖怪の相を感じさせて、山師の印象が強かった。それが今は、年齢のせいと事業の成功と、それと引き立て役の二人の若輩のお陰で、すっかり貫禄と気品のある経営紳士に収まっている。買収は難なく成功するだろう。

More
[PR]
by thessalonike | 2004-10-20 22:35 | 球界再編 ・ 岩隈移籍考(10)   INDEX  
球界再編考(2) - 国会(良識の府)は何をやっていたのか
b0018539_17465210.jpgギリギリのところで古田敦也が日本のデモクラシーを守り、また古田のおかげで日本のプロ野球は頓死を免れた。古田は日本の民主主義の守護神であると同時に日本プロ野球の守護神でもある。何もかも古田に負っている。三十九歳、体力も気力も充実して、男が最高の仕事を遂行できるとき。古田は日本の民主主義を救った偉業によって歴史に名を残すだろう。古田の人生で今回の交渉が最大の功績になるに違いない。交渉相手役だったロッテ球団代表の瀬戸山隆三も、古田のお陰で脇役ながら歴史に名前を刻むことになる。瀬戸山は大きな人生の桧舞台を提供してくれた古田に対して心の奥底で深く感謝しているだろう。この問題が偶然に発生しなければ、瀬戸山は無名のサラリーマンとして生涯を終えていた。

More
[PR]
by thessalonike | 2004-09-27 22:10 | 球界再編 ・ 岩隈移籍考(10)   INDEX  
球界再編考(1) - 古田は日本の民主主義の偉大な守護神
b0018539_17384251.jpgプロ野球の話題がトップニュースになるのは異常ではないかという声が一部にあるけれど、本来、この問題は日本の民主主義の根幹に触れる重要事であり、その意味できわめて政治的な問題であるように思われる。国会や閣議の映像が流されればそれが政治報道だというわけでは決してなく、永田町の政治家や霞ヶ関の官僚がマスコミを使って自分たちに都合のいい情報を垂れ流しているのを意味のある報道だと思うのは間違っている。今回の選手会のストライキをめぐる騒動は、この国の民主主義のあり方が国民一人一人の前で問われた大きな社会的事件だった。制度としての民主主義が確立しているこの国で、多数者の意思を現実化することがいかに困難か。多数者の支配というデモクラシーの原理を実現するのに、どれほどの苦労と幸運が必要になるか。

More
[PR]
by thessalonike | 2004-09-24 23:50 | 球界再編 ・ 岩隈移籍考(10)   INDEX  
Indexに戻る